/

この記事は会員限定です

宙に浮く受動喫煙条例 千葉市、都の対応に困惑

ふさの国から)

[有料会員限定]

東京都が2月に予定していた罰則付き受動喫煙防止条例案の議会への提出を見送ったことを受け、同様の条例を準備する千葉市が困惑している。2020年東京五輪の開催地となる同市は2018年度中の条例制定をめざすが、都の突然の「先送り」で市の具体的な検討もずれ込む可能性が出てきた。県内初の取り組みとして注目を集めていたが、東京都の小池百合子知事の求心力低下は周辺の自治体にも影を落とす。

千葉市の熊谷俊人市長は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り983文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン