/

この記事は会員限定です

銀座のブランド旗艦店が改装 アルマーニ、ヴィトン

高額消費・訪日客にらみ

[有料会員限定]

東京・銀座で高級ブランドが相次いで旗艦店を本格改装する。伊ジョルジオ・アルマーニや仏ルイ・ヴィトンは東京五輪が開催される2020年までに完成させる計画だ。足元では株高などを背景に富裕層による消費活況に加え、銀座で高級ブランドを買い求める訪日客がアジアを中心に今後も増えるとみている。

ジョルジオ・アルマーニは3月にも銀座の晴海通り沿いで複数ブランドが入居する「アルマーニ銀座タワー」を改装する。07年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り608文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン