2018年11月20日(火)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

無謀だった貴乃花親方 「次の理事」へアピール
相撲協会理事候補選

2018/2/2 17:50
保存
共有
印刷
その他

2日に投開票が行われた日本相撲協会の理事候補選は、劣勢が予想された貴乃花親方(元横綱)が落選した。しかも、当選ラインを大きく下回るわずか2票。負け戦を覚悟した出馬だったとはいえ、1カ月前に理事解任処分を受けたばかりの元大横綱の立候補に、親方衆からの支持は全く集まらなかった。

日本相撲協会の理事候補選に向かう貴乃花親方(2日午後、東京・両国国技館)

貴乃花一門からは貴乃花親方と阿武松親方(元関脇益荒雄)の2人が理事候補選に出た。無所属の錣山親方(元関脇寺尾)ら3親方を含めて持ち票は11票とみられていたが、投票結果は貴乃花親方が2票、阿武松親方は8票と合計10票どまり。副理事候補選も、錣山親方が落選する憂き目を見た。

2010年から4期連続で理事を務めてきた貴乃花親方は、これまで一門の枠を超えて若手・中堅の親方衆を中心に協力を得てきた。今回は立候補当日の1日に部屋のホームページで「大相撲は誰のものか? その公益性の意味を考え直し、正す時期にきている」と訴えたが、支持は全く広がらなかった。

無謀な出馬だった。一門内で阿武松親方に一本化するなか、票読みの段階から勝算は見えなかった。元横綱日馬富士の暴行事件を巡って協会に報告を怠り、弟子の貴ノ岩の聴取要請も再三拒否するなどで、先月4日に理事解任の処分を受けたばかり。一般の会社役員であれば、処分からこの短期間で役員に復帰することはあり得ず、少なくとも今回は出馬を辞退して「1回休み」とするのが常識のように思えた。

貴乃花親方の狙いは何だったのか。投開票後、当選した貴乃花一門の阿武松親方はこう語った。「(理事候補の無投票当選ではなく、親方衆に)投票をしていただくことが、やはり相撲協会の活力になると私たちは話していた」。票数が伸びないことや落選は覚悟していたという。出馬が相撲協会の活力になったかは疑問だが、ある程度は目的を達成できたのかもしれない。

前日の昼には部屋のホームページに理事立候補の決意表明を掲載し、協会の現執行部を暗に批判しながら相撲界の理想像を説いた。沈黙を続けてきただけにインパクトは大きく、テレビのワイドショーや情報番組はこの話題で持ちきり。ネット上でもすぐにニュースとして取り上げられて拡散した。貴乃花親方は「とにかく行動あるのみ」と語ったことがあるように、そこに打算はないのかもしれない。だが、結果的に「次の理事選」へ向けても大きなアピールとなったのも間違いない。

貴乃花親方を中心とした劇場型ともいえる騒動が起き、そろそろ3カ月がたつ。角界には問題が山積しており、協会内で無用な対立をしている時間はないはずだ。ある中堅親方は「みんなで協力し合い、まとまっていくことが大事。足の引っ張り合いをしている場合ではない」と訴えている。(金子英介)

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

竜電(右)が寄り切りで御嶽海を破る=共同

 花道を引き揚げた御嶽海は支度部屋の掲示板に八つ当たりし、風呂から出た後も報道陣の質問に無言を貫いた。3横綱が休場した7月の名古屋場所で賜杯を抱いたものの、全く同じ状況の今場所は大関との対戦を待たずし …続き (19日 22:00)

貴景勝(左)が押し倒しで栃ノ心を破る(19日、福岡国際センター)=共同

 大相撲九州場所9日目(19日・福岡国際センター)単独トップの小結貴景勝は大関栃ノ心を押し倒して勝ち越しを決めた。栃ノ心は5敗目。他の大関陣は高安が平幕嘉風をはたき込んで7勝目、豪栄道は平幕千代大龍を …続き (19日 19:07)

(西) (東)
千丸X―X琴恵
千翔0―1阿武
遠藤6―1荒鷲
明生0―1佐海
大丸0―1琴奨
大栄0―1隆勝
大奄1―1勢 
宝富3―15碧山
隠岐0―1阿炎
松鳳7―2千国
輝 0―2豊山
竜電0―1貴岩
嘉風17―15栃 …続き (19日 18:16)

ハイライト・スポーツ

[PR]