2018年5月22日(火)

藤井五段が誕生 中学生で史上初、順位戦で昇級

囲碁・将棋
2018/2/1 23:07 (2018/2/2 0:18更新)
保存
共有
印刷
その他

中学生初の五段昇段を決め、インタビューに答える藤井聡太棋士(1日夜、東京都渋谷区の将棋会館)=共同

中学生初の五段昇段を決め、インタビューに答える藤井聡太棋士(1日夜、東京都渋谷区の将棋会館)=共同

 将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロ、藤井聡太四段(15)は1日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第76期名人戦順位戦のC級2組9回戦で梶浦宏孝四段(22)を破り、9連勝で同1組へ昇級し、規定により同日付で五段に昇段した。中学生が同1組へ昇級し、五段に昇段したのは初めて。

 勝利を決めた後、藤井五段は「1年間、順位戦で昇級を目指して戦ってきたので、とてもうれしい。昇段して良かった」と落ち着いた表情で話した。

 日本将棋連盟によると、C級1組に昇級、五段昇段した最年少記録は現在の制度と異なるが、加藤一二三・九段(78)が1955年4月1日に樹立した15歳3カ月。加藤九段は中学卒業後の記録達成だった。藤井五段は15歳6カ月で、現行制度では最年少記録となる。

 プロ入り後、順位戦で最初に参加するC級2組を1期で昇級した棋士は複数いるが、中学生棋士では藤井五段と加藤九段が1期、第一人者の羽生善治二冠(47)は2期目に昇級した。

 名人挑戦者を決める順位戦は最上位のA級からC級2組までの5クラスに分かれ、約1年間にわたってリーグ戦を行う。A級の優勝者が名人挑戦者となり、各組上位者が上のクラスに昇級する。

 各10局を戦うC級2組は今期50人が参加し、上位3人が同1組へ昇級。8回戦を終え、無敗の単独首位に立っていた藤井五段は最終10回戦を待たずに昇級を決めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報