/

この記事は会員限定です

高知で下水処理の新技術相次ぎ実用化、人口減に対応

[有料会員限定]

高知県内で省エネ型の下水処理技術の導入が相次いでいる。全国に先駆けて人口減少が進むなか、将来の下水道維持やコスト負担増に危機感を強める自治体が大学や企業と連携する。この10年ほどで香南市、高知市、須崎市で新技術が実用化され、「下水技術先進地」として注目を集める。

高知大学の朝倉キャンパス(高知市)で1月29日、同大と高知県が主催する初のシンポジウム「高知から発信する下水道の未来」が開催された。北...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1104文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン