/

この記事は会員限定です

ITと料理人コラボで金沢に新会社 3D器具やレシピソフト開発

[有料会員限定]

IT(情報技術)と料理の異才が結集し、食の魅力向上などを目指す新会社「OPENSAUCE(オープンソース)」を金沢市に立ち上げた。料理人らがレシピを共有するソフトや3Dプリンターを応用した新しい調理器具の開発を目指す。海外の一流シェフらとコラボして料理を提供するレストランの運営も計画。金沢から食文化とテクノロジーを発信する。

新会社は資本金1000万円で、昨年12月に発足した。携帯電話の着メロを開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り934文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン