東南アのグラブ、孫正義ライドシェア連合の中核

(1/3ページ)
(1/3ページ)
(1/3ページ)
2018/2/5 6:30
保存
共有
印刷
その他

東南アジア配車サービス最大手、グラブ(本社シンガポール)が快走している。慢性的な渋滞と銀行口座を持たない人々。「移動と決済」という新興国の2つの課題を商機に転じ、東南アジア最大のユニコーン企業に成長した。筆頭株主・ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が目指す世界的なライドシェア連合の一翼として、さらなる飛躍を目指す。

■二輪車に相乗り

渋滞時に自動車や二輪車であふれかえるインドネシアの首都ジャカ…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]