マツダ、「最も美しいコンセプトカー」 仏で最優秀賞

2018/2/1 19:34
保存
共有
印刷
その他

マツダは1日、次世代デザインのビジョンモデル「ビジョン・クーペ」がパリで開かれた国際自動車フェスティバルで最も美しいコンセプトカーに選ばれたと発表した。2017年10月に東京モーターショーで初公開した。美しさやデザインの創造性などを体現したコンセプトカーに贈られる賞で同賞の受賞は16年以来となる。

マツダの次世代デザインビジョンモデル「ビジョン・クーペ」

コンセプトカーはデザインテーマである車に躍動を感じられる「魂動デザイン」をさらに深め、日本らしい空間の美意識をデザインに取り入れた。職人の技とデジタル技術を駆使しながら、車が動いたときに光と影がどう変化するかを緻密にシミュレーションし、クルマの生命感を表現した。

デザインを統括する前田育男常務執行役員は「日本の自動車メーカーとしてのアイデンティティーを持ち、世界を魅了する美しいクルマを作っていきたい」とコメントした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]