楽天、IoTで民泊運営支援 スクイーズと連携

2018/2/1 18:19
保存
共有
印刷
その他

楽天は1日、あらゆるものがネットにつながる「IoT」を活用した、民泊の運営支援サービスを始めた。施設に設置したタブレットなどをネットワークでつなぎ、宿泊者の本人確認や鍵の受け渡しをスムーズにできるようにする。民泊運営業務の負荷を減らし、旅行者を受け入れる施設を増やす。

通信子会社の楽天コミュニケーションズ(東京・世田谷)が民泊運営支援のSQUEEZE(スクイーズ、東京・港)と組み、「あんしんステ…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]