/

この記事は会員限定です

三井住友海上、保険契約でブロックチェーン活用

[有料会員限定]

三井住友海上火災保険は、保険事務にブロックチェーン(分散型台帳)の技術を活用する。第三者による書類の改ざんを防ぐなど安全性を高めるとともに、保険契約の手続きを効率化する。契約に要する期間は7日から6日に短縮できるといい、4月の実用化を目指す。

仮想通貨大手取引所のビットフライヤー(東京・港)と1月から実証実験を始めた。三井住友海上の事務拠点などで3カ月間検証する。これまでは申...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン