/

異業種の中小つなぐ新組織 SPGF始動

異業種の中小・零細企業をつなぐSPGF(東京・港)は1日、4月から本格的に活動を始めると発表した。全国規模で様々な業種の事業の受け皿となり、中小企業に振り分ける。SPGFの仲田憲仁社長は都内の記者会見で「地域を見つめながら継続的な支援を進める」と強調。中小企業を結ぶネットワークのハブ(拠点)を目指す考えを示した。

記者会見するSPGFの仲田憲仁社長(1日、東京都千代田区)

SPGFは2016年に設立。仲田氏が理事長を務める一般社団法人「SPGFグループ」を昨年発足し、全国で支部の設置を進めている。中小・零細企業の相談窓口となり、事業継承や人材育成などを継続的に支援する考え。会員の意見を集約させ、政府に政策提言する機能も備えるという。

例えば事業の振り分けでは、飲食店事業者とブランドなどを共有し、SPGFが一括で仕入れなどを行うことで、全国各地でのフランチャイズ展開も可能になるとみている。会員企業に対しては、社員の福利厚生で施設や制度を利用できるようにするなど労働環境の向上も図る。

SPGFグループには現在、建設や宿泊、飲食業界など幅広い業種から約300社が加盟する。3月末までに全都道府県に支部を設立し、3年で3万社の会員を目指すという。

(企業報道部 駿河翼)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン