/

公明代表、ヤジやおしゃべり「言語道断」

公明党の山口那津男代表は1日午前の中央幹事会で、国会での審議について「余計なおしゃべりをしたり、ふさわしくないヤジを飛ばしたり、言語道断だ」と述べた。審議中に談笑し批判された茂木敏充経済財政・再生相と野田聖子総務相、不適切なヤジで辞任に追い込まれた松本文明前内閣府副大臣を念頭においた発言とみられる。

山口氏は「補正予算の議論を聞いていて、国民の関心も高い。期待とともに厳しい目も注がれていることを与党は自覚しないといけない」と話し、国会運営や答弁に緊張感を持つよう訴えた。

茂木氏をめぐっては秘書が選挙区内の有権者に線香などを配布した問題で野党の追及を受けている。公明党幹部は「昨年もそうだったが、国会審議は少しの緩みが政権を揺るがしかねない」と警戒する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン