/

仮想通貨取引所「ビットフライヤー」 2時間使えず

ITpro

仮想通貨取引所大手のbitFlyer(ビットフライヤー)は2018年1月31日午後2時50分ごろからサービスにアクセスできない状態になったと発表した。Webサイトへのアクセスや取引ができなくなった。

日経コンピュータが午後4時15分ごろにbitFlyerに電話で問い合わせたところ、顧客窓口の担当者が「サービスの動作が遅くなっている状況。影響範囲や復旧のめどについても確認中。さらに詳しい質問は問い合わせフォームを通じて送ってほしい」と答えた。当時、問い合わせフォームにはアクセスできなかった。

その後、午後4時30分ごろからWebサイトへのアクセスが可能になった。bitFlyerはサービス再開を発表。午後4時40分から注文受付、同50分から約定を再開した。

(日経コンピュータ 清嶋直樹)

[ITpro 2018年1月31日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン