最強寒波、消費に明暗 ヒーター欠品・春物衣料出遅れ

2018/2/1 11:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

記録的な寒波で国内消費の格差が鮮明になっている。コートやダウンジャケットといった冬物衣料の販売が伸び、暖房器具も一部で欠品が出るほどの売れ行きだ。値上がりが続く葉物野菜に代わりキノコの販売も増加している。一方、売り場の主力に切り替わるはずの春物衣料の需要は盛り上がりを欠く。1日以降予想以上の降雪になれば、レジャー施設の客足が落ちる可能性がある。

防寒用の衣料品や暖房器具の販売が好調だ。三越伊勢丹…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]