2019年7月19日(金)

輸血で感染、80代女性死亡 E型肝炎ウイルス

2018/1/31 21:38
保存
共有
印刷
その他

多発性骨髄腫の治療を受けていた80代の女性が血液製剤の輸血を通じてE型肝炎ウイルスに感染し、約100日後に劇症肝炎で死亡していたことが31日、分かった。日赤が厚生労働省の有識者会議で報告した。輸血でE型肝炎ウイルスに感染し死亡したケースは海外でも例がないとしている。

女性は昨年7月に輸血を受け、10月には肝機能の数値が悪化したため抗がん剤投与が中止された。いったん快方に向かったことで抗がん剤治療が再開されると、容体が悪化。11月に亡くなった。

献血者の血液は、女性から検出されたものと同じウイルスが検出された。日赤は、この献血者の血液は他には使用していないとしている。献血者は生のシカ肉を食べて感染した可能性がある。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。