/

この記事は会員限定です

「隠れインフル」感染力は同じ 高熱や頭痛、症状出ず

対策取らず広がる恐れ

[有料会員限定]

過去最大級の猛威となっているインフルエンザを巡り、高熱などの症状がなくても感染しているケースが少なくないとして関係者が注意を呼びかけている。医療現場では以前から認識されていたが、感染に気づきにくいため「隠れインフルエンザ」とも呼ばれ、知らない間に家族や同僚に感染を広げる恐れがある。専門家は「疑わしい兆候があればすぐに対策をとって」と訴えている。

「インフルエンザだったんですか……」。大阪市北区の「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1042文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン