2019年9月20日(金)

川崎駅北口西バス乗り場の命名権、「ラゾーナ」に

2018/1/31 22:00
保存
共有
印刷
その他

川崎市は31日、公募していたJR川崎駅北口西バス乗り場などのネーミングライツ(命名権)事業者が三井不動産に決まったと発表した。同社が駅西口で運営する総合商業施設「ラゾーナ川崎プラザ」から名前をとり、バス乗り場を「川崎駅ラゾーナ広場」、バス乗り場上にかかる通路を「三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザデッキ」と命名する。

契約期間は4月1日から5年間で、命名権料は年間500万円。正式な契約期間前の2月17日にJR川崎駅北口通路がオープンするのに合わせて先行使用を始める。川崎市は2017年12月に命名権事業者を公募したが、応募は三井不動産の1社のみだった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。