/

この記事は会員限定です

中部電、首都圏の営業人員5割増 地方電力大手、相次ぎ拡充

[有料会員限定]

地方の電力大手で首都圏の拠点を拡充する動きが相次いでいる。中部電力は2月から首都圏の営業人員を5割増やす。九州電力中国電力も営業人員を増やした。地方は需要拡大が見込めず、自由化による競争で電力販売量が減少している。地方電力大手は需要拡大が見込める首都圏で顧客獲得の動きを加速させる。

中部電力は2月から東京に約15人いた営業人員の数を5割増やす。増やした人員は法人向けの電力販売や家庭向け販売の提携先の開拓などを担当する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り240文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン