/

蔵元とコラボチョコ 埼玉・丸広のバレンタイン

丸広百貨店川越店(埼玉県川越市)は31日、特設売り場「バレンタイン・ショコラ・ミュージアム」を開いた。海外直輸入ブランドや国内の人気ブランドのほか、県内の酒造会社4社の日本酒を使った「地酒チョコレート」の詰め合わせも用意。期間は2月14日のバレンタインデー当日までで、前年比16%増の1億円の売り上げをめざす。

4つの蔵元の地酒とチョコのコラボレーションが楽しめる

地酒チョコレートは川越市の小江戸鏡山酒造、小川町の松岡醸造、飯能市の五十嵐酒造、久喜市の寒梅酒造と協力した。香り豊かなそれぞれの地酒を混ぜたチョコが4種類味わえる。フランスの「ジャン=ポール・エヴァン」や「ベロ エ アンジェリ」など海外ブランドも人気が高く、売れ筋となりそうだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン