心身の傷、今も癒えず オウム裁判(下)

2018/2/1 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

頭が割れるほどの痛み、天井と床がひっくり返るような目まい……。地下鉄サリン事件で負傷した東京都のパート従業員、森瀬郁乃さん(45)は事件から23年になる今も心身の不調に苦しむ。

通勤途中の地下鉄日比谷線で被害に遭い、4日間入院した。身体に異変が現れたのはそれから数年たってからだ。医師の診察を受け、サリン事件の被害者で同じような症状を抱える人が多いことを知った。

仕事も住まいも変えた。今も急に意識…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]