2018年10月24日(水)

噴火速報、気象庁が運用改善へ 「目撃情報」で発表

2018/1/31 17:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

草津白根山の本白根山の噴火で、気象庁は自治体などから情報提供を受けながら噴火速報を発表できなかった。同庁は近く、噴火の目撃情報があれば、噴火速報を出せるよう運用改善する。

本白根山は1月23日午前10時2分ごろ噴火。約10分後には草津町役場と東京工業大の観測所から噴煙の目撃情報が寄せられた。気象庁は草津白根山全体を捉える監視カメラで調べたが、天候不良などで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報