/

LINEの携帯事業、ソフトバンクが51%出資

LINEは31日、仮想移動体通信事業者(MVNO)として手掛ける携帯電話事業でソフトバンクグループ傘下のソフトバンクと戦略提携することで基本合意したと発表した。携帯子会社LINEモバイルをソフトバンクと共同で事業展開する。ソフトバンクの総合通信会社としての知見を活用して、LINEモバイルの成長を加速させる。

LINEモバイルが実施する第三者割当増資をソフトバンクが引き受ける。増資後の出資比率はソフトバンクが51%、LINEが49%となる。LINEモバイルの嘉戸彩乃社長は留任する。

LINEモバイルは2016年9月にサービスを開始。LINEによると新規申込件数や月額利用料など事業は順調に成長を続けているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン