/

岩田日銀副総裁「再任されないと確信」

3月19日で任期が切れる日銀の岩田規久男副総裁

日銀の岩田規久男副総裁は31日、大分市内で講演し、自身の任期が3月19日で切れることについて、「再任はされないと確信している」と述べた。今回の講演が「最後」とも付け加えた。岩田氏は金融緩和に積極的なリフレ派を代表する学者として、2013年4月に導入した異次元緩和を主導した。

日銀は31日、大分市内で地元経済界との金融経済懇談会を開いた。岩田氏は冒頭の講演で自身の任期に言及した。日銀は講演での発言内容をホームページに同時掲載しているが、この講演要旨には記載されていない。副総裁などが講演要旨に含まれない発言をするのは珍しい。

岩田氏は任期中の5年間の金融政策を振り返り、現行の金融政策は「副作用が最も小さい、最適な金融政策」と指摘。「財政健全化速度の適正な設定と適切な成長戦略に強く期待する」とも加え、日銀の金融緩和策と財政政策との協調が重要との考えを強調した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン