2018年11月21日(水)

安倍氏、改憲なぜ急ぐ
国会発議まず年内めざす 不調なら来年の二段構え

読み解きポリティクス
2018/1/31 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

憲法改正を巡り自民党内の動きが慌ただしくなってきた。3月の党大会までに党独自の改憲案を取りまとめる方針だ。改憲を急ぐ裏にはどんな戦略があるのか。安倍晋三首相が9月の党総裁選に勝てば任期は2021年まで。自らが打ち出した20年の新憲法施行の目標から逆算して18年にまず国会発議を目指し、不調なら19年にする二段構え戦略とみられる。

首相は改憲論議を党に任せるとの姿勢を繰り返すものの、改憲日程を首相官…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報