2018年5月22日(火)

アイリス、営農支援のコメ買い取りパックご飯

2018/1/30 22:00
保存
共有
印刷
その他

 アイリスオーヤマ(仙台市)は、傘下企業が福島県南相馬市の営農再開を支援し買い取ったコメをパックご飯で商品化する。グループ企業のアイリスフーズ(同)が30日、食品メーカーの東北協同事業開発(同)と共同開発したパックご飯を2月1日に発売すると発表した。初年度は50万パックの販売を目指す。

将来は全国のスーパー、生協での販売を目指す(仙台市)

 アイリスの傘下企業は地元の農業法人と連携し、2017年から南相馬市小高地区の稲作の再開を支援してきた。農業法人が収穫したコメを傘下企業が買い取り、アイリスオーヤマの角田工場(宮城県角田市)に設けた専用の生産ラインでパックご飯に加工する。

 製品名は「ふっくらパックごはん」で内容量が150グラム。6食入りの税抜き参考価格が528円で、10食が同850円。24食は同1980円。当面はCOOP東北の約100店舗で売り始め、将来は全国のスーパーや生協での販売も目指す。

 アイリスフーズの山田次郎社長は30日の記者会見でアイリスグループ内での食品事業の位置付けについて「食品は市場規模が大きく、グループ全体の売上高を底上げする役割を担う」と述べた。コメ事業に関しては福島の復興や国内の消費拡大を念頭に「社会貢献の側面もある」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報