/

この記事は会員限定です

話せなければ嫌な国(外国人材と拓く)

共生への鍵(2)

[有料会員限定]

世界の中でも習得が難しいといわれる日本語は外国人材の生活にとって大きな壁だ。ときには地域でのコミュニケーション、労働や就職の深刻な妨げになる。

公立夜間中学校は、いまや生徒の8割が外国籍だ。夜間中は全国25市区で31校設置しているが、外国人の増加で74市町村が新設を検討している。

アラブ首長国連邦(UAE)・ドバイ生まれのモハマド・マハディさん(18)は、大阪府守口市立さつき学園の夜間学級に通う。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1000文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン