/

ロボアドで保険を自動提案 みんかぶと三菱UFJ系

みんかぶ保険はロボアドを使って利用者に最適な保険の組み合わせを提案する(画面はイメージ)

投資家向けの交流サイト(SNS)「みんなの株式」を運営するみんかぶ(東京・千代田、瓜生憲社長)と三菱UFJフィナンシャル・グループ子会社のジャパン・デジタル・デザイン(JDD)は30日、利用者に最適な保険の組み合わせを自動的に提案するサービス「みんかぶ保険」を今春から開始すると発表した。

コンピューターが資産運用などを指南するロボットアドバイザーの保険版を使う。利用者は年齢や家族構成など基本情報を入力。保険を選ぶ際の優先順位など複数の質問に答えると、加入期間や保険料、保証のバランスを含めた最適な保険の設計を提案する。生命保険や医療保険などの取り扱いから始めるという。

両社は保険代理店業の免許を持たないため、みんかぶ保険では保険会社が自社の商品を投稿する機能を搭載、ロボアドを通じて利用者に通知する仕組みを設ける。「営業員と対面しないでも保険について気軽に相談できるサービス」(みんかぶ担当者)として、保険選びに対する心理的なハードルを下げたい考えだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン