2018年8月16日(木)

ライナフ、自宅不在でも室内宅配や家事代行

スタートアップ
IoT
2018/1/30 16:53
保存
共有
印刷
その他

 不動産管理向けアプリやシステムを開発するライナフ(東京・千代田、滝沢潔社長)は30日、自宅不在時に室内で荷物を受け取ったり、家事代行をしてもらったりできるサービスを始めると発表した。遠隔から解錠するスマートロックを用い、カメラで室内の状況を確認できるようにして安全性を確保する。

ライナフは自宅不在時に室内で荷物を受け取ったり、家事代行をしてもらったりできるサービスを始める(30日、東京・千代田)。滝沢潔社長は中央。

 単身世帯の家主や再配達に悩む宅配会社の負荷を軽減できるとみている。まず生活協同組合パルシステム東京や家事代行マッチングのタスカジ(東京・港、和田幸子社長)など5社のサービスと連携した。

 「サービスが入ってくる家」プロジェクトと名付けた。2月に大田区にある新築マンションの全36室で提供する。マンションの入り口と各部屋の玄関扉にスマートロックを、室内に玄関前を監視するカメラとタブレット端末を設置する。

 家主は不在時に室内で荷物を受け取ることができる。荷物を運んできた配達員は玄関前でライナフのコールセンターに電話する。コールセンター側で家主の注文状況や配達員の本人確認を済ませた後、ネット経由で室内のタブレット端末に解錠を指示。タブレット端末から近距離無線通信「ブルートゥース」で解錠する。

 室内の玄関前にはセーフィー(東京・品川、佐渡島隆平社長)が開発するクラウド型監視カメラを設置する。家主はセーフィーのスマートフォン(スマホ)アプリから24時間、玄関前の状況を確認できる。

 連携するサービスは他に家事代行サービスのベアーズ(東京・中央、高橋健志社長)、宅配クリーニングのホワイトプラス(同・品川、井下孝之社長)、買い物代行サービスのオネストビー(同・港、ビベック・サンパス社長)。子供のいない共働き世帯(DINKS)の利用者が多いホワイトプラスの井下社長は「サービスを使い切れない利用者側にとって新しい解ができる」と笑顔を見せた。

 米国ではアマゾン・ドット・コムが同様のサービスを始めているが、ライナフによると日本でのサービス提供は同社が初めてという。30日に都内で記者会見したライナフの滝沢潔社長は「単身世帯が増え不動産業界の変化が求められる中で、いま一度セキュリティーを柔軟に高めたい」と意気込む。今後は分譲や戸建てへの提供も進め、年内に50棟での導入を目指す。

(企業報道部 吉田楓)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報