/

この記事は会員限定です

2兆円買収のドクターペッパー、日本ではご当地飲料

[有料会員限定]

北関東と沖縄県で愛飲家が多い「ドクターペッパー」。日本ではローカル色の強いこの清涼飲料が、米国では大型M&A(合併・買収)の主役となった。米コーヒー飲料のキューリグ・グリーン・マウンテンは29日、米飲料のドクターペッパー・スナップル・グループと経営統合すると発表。買収金額は187億ドル(約2兆円)に達する見通しだ。日米の温度差のワケを探った。

米国では有力ブランド

杏仁豆腐に似た独特の甘みと香りが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン