/

補正予算案、衆院予算委で可決 今夕に衆院通過へ

衆院予算委員会は30日午後、2017年度補正予算案を自民、公明両党と日本維新の会の賛成多数で可決した。夕方の衆院本会議に緊急上程し、与党などの賛成多数で可決し、参院に送付する。補正予算案は31日と2月1日の参院予算委員会での審議を経て、1日に成立する見通し。

政府は約2.7兆円の歳出を追加する。九州北部豪雨の災害復旧費、安倍政権が進める経済政策「人づくり革命」や「生産性革命」の関連費用を盛り込んだ。北朝鮮情勢などを念頭に、防衛関係費として2345億円を計上した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン