洗脳への警鐘、今こそ  オウム裁判(上)

2018/1/30 1:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本中を震撼(しんかん)させた地下鉄サリン事件から23年。オウム真理教の一連の犯罪を問う刑事裁判がすべて終結した。教団がテロに至る過程は法廷でどこまで明らかになったのか。裁判は日本の司法制度にどのような影響を与えたのか。あらためて検証する。

「自分はサリンを作ったり、人の首を絞めたりするために出家したんじゃないんです」

2001年6月、オウム真理教元代表、松本智津夫死刑囚(麻原彰晃、62)の第2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]