JR四国、民泊参入 まず京都 4月にも 四国内での展開にらむ

2018/1/30 2:00
保存
共有
印刷
その他

JR四国は民泊事業に参入する。第1号案件としてインバウンド(訪日外国人)需要の旺盛な京都で4月の開業を目指す。同社にとって四国外で初の宿泊事業となる。現地で実績のある企業と組んでノウハウを取得し、四国内での展開につなげる。JR四国はマンションやホテル事業を推進しており、鉄道事業と並ぶ収益の柱に育てる。

JR四国が建設中の民泊施設の外観イメージ

ブランド名は「4S STAY」とし、四国4県などをイメージした。京都市南区に170平方メートルの敷地を確保し、京町屋風の木造2階建てを建設中だ。総事業費は1億5000万円。完成後、旅館業法の簡易宿泊営業許可を取得する予定だ。

3棟続きで1棟ずつ貸し、各棟5人程度まで宿泊できる。2人利用(通常期)なら1泊約2万円、3人目以降、5000円を追加する料金体系を想定する。運営は京都市内で宿泊施設4棟を手がける会社に任せ、海外の予約サイトで利用を募る。年間2000万円強の売り上げを見込む。

今回の案件でノウハウを蓄積し、2018年度にも予定する四国での展開の足がかりにする。インバウンドに人気の地域で古民家の活用などを検討している。半井真司社長は「四国での展開が最終目標。四国の魅力も伝える宿にしたい」と話す。部屋には今治タオルや大谷焼など四国の工芸品を用いるなど、四国文化の発信効果も狙う。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]