イー・ガーディアン、AIで動画の音声分析、著作権侵害など監視

2018/1/29 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インターネット投稿監視のイー・ガーディアンは30日、人工知能(AI)を使って動画内で著作権侵害や、コンプライアンス違反などがないかを監視するサービスを始める。これまでは全てを人が監視していたが、AIで違反リスクのある箇所を事前に絞り込むことで、効率や精度を高める。動画広告などの市場が広がり、監視サービスへの需要増に対応する。

AIが文章化した動画音声を確認し、著作権などを侵害する可能性の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]