/

この記事は会員限定です

シャープ、東芝のパソコン買収検討 鴻海の基盤活用

[有料会員限定]

シャープ東芝のパソコン事業の買収を検討していることが29日分かった。両社は実務レベルで協議入りしている。東芝のパソコン事業は赤字が続き、てこ入れの一方で売却も検討している。シャープは2010年に自社製のパソコン販売から撤退したが、その後に親会社となった鴻海(ホンハイ)精密工業の事業基盤を強みに再参入を目指す。

両社は実務者レベルの協議を始めた。具体的な条件の詰めが進めば、今後、詳細な資産査定など本格交渉に移...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り773文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン