/

シンガポール航空、デジタル化加速

政府機関や大学と提携

■シンガポール航空 科学技術研究庁など政府機関や大学と提携し、データ解析、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)の活用などで運航や機体整備を効率化。コスト削減とサービス向上につなげる。

ゴー・チュンポン最高経営責任者は「世界でも先駆的なデジタル・エアラインを目指す」と述べた。異分野との協力でデジタル技術革新を進め、事業を効率化すると同時に新たな商機を探る。同社は事業再編を進めており、デジタル化もその一環。

シンガポール国立大学との提携では、デジタル分野で長期的な共同研究に取り組む。また同大のスタートアップ支援機関を通して、航空・旅行関連の技術や人材の開発支援をする。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン