2018年11月21日(水)

解析は若手の手弁当 内閣府、ビッグデータ活用の現場
霞が関2018

政策研究
コラム(経済・政治)
2018/1/30 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

内閣府にビッグデータを活用した新しい景気分析の手法が登場した。ちまたにあふれる日々のニュースから景気を読み解く方法だ。かかったお金はテキスト代と人件費のみ。若手官僚2人の知恵と努力が実を結んだ。

■2000以上の記事から景気読み説く

内閣府はこのほど公表したミニ白書で、「景気インデックス」という名の分析手法を開発中であると明らかにした。「世の中の景気に関するニュース記事がどの程度明るいものであるか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

物価上昇18年前半にも、内閣府白書 配送料上げな...[有料会員限定]

2018/1/18 23:30

GDP、ぶれる速報値の意味ありますか?[有料会員限定]

2017/9/26 2:03

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報