2018年12月11日(火)

財務省・金融庁・日銀、会合を事前通知 円高けん制

2018/1/29 13:00
保存
共有
印刷
その他

財務省と金融庁、日銀は29日、国際金融資本市場について情報交換する3者会合を同日午後に開くと発表した。事前に開催を告知するのは2016年11月9日以来、1年3カ月ぶり。18年に入って円相場が対ドルで4円ほど上昇しているため、市場をけん制する狙いだ。会合後に記者団の取材に応じる財務省の浅川雅嗣財務官の発言が焦点となる。

ドル紙幣と円

3者会合は定期的に開いているが、事前に開催を告知するのはトランプ米大統領の就任が決まって金融市場で株安・円高が進んだ16年11月9日以来だ。

18年1月初旬に円相場は対ドルで1ドル=112円台を中心に推移していたが、足元では1ドル=108円台後半まで上昇している。欧州中央銀行(ECB)の金融政策が正常化に向かっていることや、ムニューシン米財務長官がドル安を容認するかのような発言をしたことなどからユーロ高やドル安が進行。市場参加者の間では日銀の金融緩和策が出口に向かうとの思惑もくすぶり、円が買われやすくなっている。

3者会合では仮想通貨も議題にする。取引所大手のコインチェック(東京・渋谷)が顧客の仮想通貨「NEM(ネム)」を流出させた問題が発生したばかり。仮想通貨が金融市場に及ぼしうるリスクを話し合うとみられる。

会合には浅川氏のほか金融庁から森信親長官、日銀から雨宮正佳理事が参加する見通しだ。3者会合を開くのは17年10月5日以来4カ月ぶり。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報