/

この記事は会員限定です

バイオ後続薬、特許が「壁」 先行海外勢が相次ぎ提訴

[有料会員限定]

がんなど難病治療に効果が高く、成長が見込まれるバイオ医薬品市場で日本企業が特許の「壁」に苦しんでいる。新薬開発に乗り遅れた日本勢は特許切れの新薬を模した後続品「バイオシミラー」で巻き返しを図るが、海外勢に提訴される事例が増えた。特許が多岐にわたる後続品は特許侵害を回避するのが難しい。特許の相互供与などで特許問題を乗り越えることが成長市場を取り込むカギになりそうだ。

スイス製薬大手のロシュは2017...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン