2018年10月17日(水)

ロヒンギャ難民、帰還拒む声 「国籍認定や安全が条件」

2018/1/29 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【コックスバザール(バングラデシュ南東部)=新田裕一】隣国バングラデシュに避難している、ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャの難民の間で、ミャンマーへの帰還を拒否する声が広がっている。難民のリーダーらはミャンマー政府による国籍認定や国連による安全確保といった要求が満たされない限り、帰還しないと主張している。23日に予定されていた帰還開始が延期となるなど、事態の解決の行方はさらに混沌としてきた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報