/

関西大と帝人系、刺しゅう糸で微弱な力測定

見守りセンサーなどに

引っ張りはチェーン状の刺しゅう(中央)で特異的に検知できる(田実教授提供)

関西大学の田実佳郎教授と帝人子会社の帝人フロンティアは、微弱な力を測定できる刺しゅう糸を開発した。変形すると発電する圧電繊維を使う。服への刺しゅうのパターンを変えれば、引っ張りや曲げ、ねじりなど着用部の変形の違いを把握できる。ペットの見守りセンサーなどの用途に向けて2018年内の実用化を目指す。

刺しゅう糸の直径は300~400マイクロ(マイクロは100万分の1)メートル。圧電繊維は高分子を引っ張って作る。導電性の繊維と組み合わせて刺しゅう糸にした。変形すると電気信号が出る。

刺しゅう糸は縫い方によって糸に加わる力の違いを区別できる。例えばチェーン状に縫うと伸縮時の電気が大きくなる。曲げ、ねじりなどに強く反応する縫い方もある。

電気信号は無線でスマートフォンなどに送る。専用アプリで力のかかり方から着用者の動きなどを推定できる。既存のカメラを使う見守りシステムと組み合わせれば、画面にうつらない時でもペットなどの行動が分かるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン