2019年8月20日(火)

名護市長選告示、現新一騎打ち 辺野古移設工事に影響
2月4日投開票

2018/1/28 18:00
保存
共有
印刷
その他

任期満了に伴う沖縄県名護市長選が28日、告示された。3選を目指す現職の稲嶺進氏(72)=民進、共産、自由、社民推薦、立憲民主支持=と、元名護市議で新人の渡具知武豊氏(56)=自民、公明、維新推薦=の無所属2人が届け出た。米軍普天間基地(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の是非が争点で、2月4日に投開票される。

名護市長選で支持を訴える渡具知武豊氏(28日、沖縄県名護市)

名護市長選で支持を訴える渡具知武豊氏(28日、沖縄県名護市)

名護市長選で第一声を上げる稲嶺進氏(28日、沖縄県名護市)

名護市長選で第一声を上げる稲嶺進氏(28日、沖縄県名護市)

移設反対の稲嶺氏と、移設を進める政府・与党の全面支援を受ける渡具知氏の一騎打ちの構図。選挙結果は政府が進める移設工事に影響する。秋に控える県知事選の前哨戦とも位置づけられる。

稲嶺氏は28日、市内で「辺野古に新しい基地はつくらせない。政府の圧力に屈せず頑張ってきた流れを絶やしてはいけない」と訴えた。翁長雄志知事とも連携して選挙戦を展開する。

渡具知氏は「現市政は一つの問題にこだわり過ぎて市民生活を置き去りにした。景気と暮らしを守りたい」と強調した。政府・与党は渡具知氏支援のため幹部を相次ぎ投入する予定だ。

辺野古移設を巡っては政府は昨年4月に護岸工事に着手した。県は工事差し止めを求め提訴しているが、工事は進んでいる。名護市長選で辺野古移設が争点になるのは6回目。10年、14年は反対派の稲嶺氏が勝利した。今回は県内で頻発する在日米軍の事故なども影響を与えそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。