2018年2月23日(金)

未払い賃金1800万円 破産はれのひ、税金も滞納

社会
2018/1/27 23:39
保存
共有
印刷
その他

 成人の日を前に突然営業を取りやめ、破産手続きが開始された振り袖の販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市)が、従業員35人に対し、計約1800万円の未払い賃金があることが27日、関係者への取材で分かった。税金などの滞納も約5500万円に上る。いずれも現時点での負債額約6億3500万円に含まれている。

 横浜南労働基準監督署は昨年8~12月に計5回、従業員に賃金を支払っていないとして是正勧告をしていた。労基署には2016年末ごろから、賃金の支払いが所定日よりも遅れるようになったとの相談が寄せられていたという。

 はれのひはホームページで従業員を約50人としていたが、成人の日の時点で約10人となっていた。

 横浜地裁は26日、はれのひの破産手続き開始を決定。現時点での負債額には未払い賃金や税金の滞納のほか、金融機関12社からの借り入れが約3億8千万円、取引先270社への未払い金など計約1億8千万円が含まれている。3億円を超える見込みの顧客約1300人の損害額は含まれておらず、最終的な負債額は10億円に上るとみられる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報