2018年7月22日(日)
速報 > 人事 > 記事

JR東日本社長に深沢副社長昇格

2018/1/27 19:07
保存
共有
印刷
その他

 JR東日本は27日、深沢祐二副社長(63)が4月1日付で社長に昇格する人事を固めた。冨田哲郎社長(66)は会長に就く。国内の鉄道事業は輸送人員が堅調に伸びているが、本格的な人口減少時代を迎え、新体制下で海外の鉄道事業など成長戦略への布石を打つ。

JR東日本の深沢祐二副社長

JR東日本の深沢祐二副社長

 冨田氏は2012年に社長に就任。東日本大震災で大きな被害を受けた東北地方の路線復旧に取り組んだ。在任中の15年には北陸新幹線を長野から金沢まで延伸した。一方、鉄道に次ぐ事業の柱である不動産事業では、東京都内の品川駅近隣で同社初となる大規模な都市開発に着手。事業多角化も進めた。

 深沢氏は冨田氏と同じく企画部門が長い。2010年代に入ってからは新幹線事業の技術や運行ノウハウを海外で事業化するインフラ輸出を主導。インドなどの高速鉄道建設プロジェクトに対して新幹線技術を採用するよう官民で連携しながら海外戦略を進めてきた。

 深沢 祐二氏(ふかさわ・ゆうじ)78年(昭53年)東大法卒、日本国有鉄道入社。06年JR東日本取締役、08年常務、12年副社長。北海道出身。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報