インフルエンザ防ぐには? 予防、検査に誤解と限界

2018/1/27 9:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今冬、猛威を振るうインフルエンザ。マスクやうがいなど、広く知られた感染防止のための対策には限界や誤解もあり、医療の現場では発症が疑われた場合の検査法を見直す動きが広がっている。最新の予防法と検査法を改めて確認する。

「インフルエンザの簡易迅速検査 原則中止」。千葉市と同市医師会が運営する休日救急診療所ではインフルエンザ流行期にこんなポスターを掲げる。

迅速検査はインフルエンザが疑われる患者の鼻に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]