2019年5月22日(水)

はれのひ社長「成人式台無しに」 トラブル後、初会見

2018/1/26 23:23
保存
共有
印刷
その他

振り袖販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市)が突然営業を取りやめた問題で、横浜地裁は26日、同社の破産手続き開始を決定した。同社の篠崎洋一郎社長(55)は26日午後、横浜市内で会見し「成人式を台無しにしてしまった」と謝罪した。篠崎社長が公の場に姿を見せたのは成人の日の1月8日に問題が発覚して以来初めて。

記者会見で謝罪する「はれのひ」の篠崎洋一郎社長(26日午後、横浜市中区) 

記者会見で謝罪する「はれのひ」の篠崎洋一郎社長(26日午後、横浜市中区) 

破産申立代理人によると、負債総額は約6億3500万円、債権者は約1600人。最終的な負債額は10億円に膨らむ可能性があるという。6月にも債権者説明会が開かれる見通し。

篠崎社長は午後7時に始まった会見の冒頭で、「お客様や取引先に多大なご迷惑ご心配をおかけし、おわびします」と陳謝し、約5秒間頭を下げた。その上で「一生に一度の成人式を台無しにし、取り返しのつかない事態になったのは全て私の責任」などと述べた。

成人の日の8日、営業を突然取りやめた経緯については「人件費が拡大し、大幅な赤字となった。売り上げの減少に歯止めがかからず、成人式当日の着付け費用の支払いのメドがたたなかったため、このような事態になった」と説明した。

成人の日は知人宅にいたといい、「私一人では対応できなかった。逃げたと言われても仕方ない」とうつむいた。この日まで姿を現さなかったことは「相談できるところもなく、調査にも時間がかかってしまった」と話した。

営業停止直前まで新規契約を募ったことが詐欺罪にあたるのではないかとの質問には「私も社員も必死で営業をかけていた。そういうつもりは毛頭なかった」と強調。「商売に誇りを持っていた。取り返しの付かないことをしてしまった」と謝罪した。

振り袖の転売は「一切ございません」と否定。会見の終盤には「あの成人式の日には二度と戻れない、どんなにおわびをしてもしきれない」と言葉を詰まらせた。

破産申立代理人によると、同社は26日時点で振り袖約1200着を保管している。

破産管財人の増田尚弁護士は同日、客が購入したり、着付けのために預けたりした振り袖は、順次返還するとの方針を明らかにした。今年の成人式のための振り袖は1月30日以降。来年以降の成人式のための着物は「多少の時間が必要」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報