愛媛・高知の酒に海外から取材、輸出促進に期待

2018/1/27 1:31
保存
共有
印刷
その他

欧米やシンガポールのワイン専門記者ら8人が23~26日、愛媛・高知両県を日本酒の取材で巡った。ブログなどにより発信力のある海外の専門家らを招いて日本酒の輸出促進につなげる日本酒造組合中央会の取り組みの一環で、四国で実施するのは初めて。

高知市の酔鯨酒造で酒造りを取材する海外記者ら(26日)

参加者は石鎚酒造(愛媛県西条市)など両県の蔵元4社を取材したほか、研究機関などを視察。高知県では日本貿易振興機構(JETRO)により、地元食材を使った料理に日本酒を組み合わせて味わってもらう企画もあった。

最終日の26日も早朝から酔鯨酒造(高知市)で実際に酒造りを体験をしながら、杜氏(とうじ)らの話に熱心に聞き入っていた。

世界的に評価の高いワインブログを運営するフランス人のジュリアン・ミケールさんは「おいしさだけでなく、日本酒の文化やワインとの共通性などを記事にして伝えたい」と話した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]