2018年9月26日(水)

中国、競う宅配網 年400億個巡り投資拡大
順豊控股は貨物機4割増強 京東集団、ドローン活用

2018/1/26 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 2017年に中国で宅配された小包の数が400億個の大台を超えた。ネット通販の拡大を背景に、日本の10倍、世界全体の半数を占める「宅配大国」となった。順豊控股や米フェデックス、ヤマトホールディングスなど国内外の物流大手は急増する需要に対応する宅配網構築へ投資や提携戦略を加速する。日本同様、人手不足や人件費高騰が悩みの種で、無人配送などの技術開発も新たな段階を迎える。

 「毎月20回はネットで買い物を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報