/

野中広務氏が死去 元官房長官、92歳

野中広務・元官房長官

官房長官や自民党幹事長などを歴任した元自民党衆院議員、野中広務(のなか・ひろむ)氏が26日午後、京都市内の病院で死去した。92歳だった。2017年11月27日に京都市下京区のホテルで倒れ、病院に救急搬送されていた。

京都府園部町(現・南丹市)の町長や京都府副知事を経て、1983年の旧衆院京都2区補欠選挙で自民党から立候補し、57歳で初当選。衆院議員を7期務めた。

94年の村山富市内閣で自治相となり、95年の阪神大震災では陣頭指揮を執った。98年の参院選で自民党が惨敗し、小渕恵三内閣で官房長官に就任すると、旧経世会(竹下派)分裂以来の宿敵だった小沢一郎自由党党首に「ひれ伏してでも」と協力を要請。「自自連立」政権、公明党を加えた「自自公連立」政権の樹立に尽力した。

森喜朗内閣で党幹事長を務めた。2003年に当時の小泉純一郎首相の政治手法を批判し、電撃的に政界を引退した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン