千葉ロッテのTシャツ専門店、3月に柏で開業

2018/1/26 23:00
保存
共有
印刷
その他

プロ野球、千葉ロッテマリーンズは3月21日、球団直営のTシャツ専門店をJR柏駅前の商業施設「柏マルイ」(千葉県柏市)に出店する。複数のアパレルブランドと組み、独自デザインのTシャツ約200種類を取りそろえる。6月30日まで期間限定で営業し、新規ファンを開拓する。

Tシャツの売り上げはグッズ全体の2割を占める(球場横の公式ショップ)

柏マルイの5階に60平方メートルの専門店を開く。Tシャツに特化した店舗は初めて。本拠地のZOZOマリンスタジアム(千葉市)などにある公式グッズ店やインターネットでは販売しない。グッズ全体の売り上げの約2割を占めるTシャツ販売のテコ入れでファンの裾野を広げる。

柏マルイを含む県北西部は北海道日本ハムファイターズが鎌ケ谷市に2軍の拠点を置き、ドラフト1位新人の清宮幸太郎内野手(東京・早実高)人気で注目が高まっている。千葉ロッテ広報・メディア室はTシャツ店について「北西部のロッテファンを増やす情報発信基地にしたい」と話す。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]