2019年9月21日(土)

宮城県、アイベックスエアラインズと連携協定

2018/1/26 22:00
保存
共有
印刷
その他

宮城県はアイベックスエアラインズ(東京・江東)と観光客の誘致や地域活性化に向けた包括連携協定を結んだ。同社は仙台空港など国内10都市に就航している。観光では同空港を結ぶ路線で期間限定の格安運賃を導入し、宮城の県産品を使ったドリンクなどを機内で提供する予定だ。災害時の物資輸送でも協力する。

宮城県とアイベックスエアラインズによる連携協定の締結式(25日、仙台市)

県庁で協定の締結式が25日に開かれた。アイベックスの浅井孝男社長は「地方を結ぶ航空会社として、宮城県の魅力を全国に発信していきたい」と語った。5月には県の観光PRキャラクター「むすび丸」を機体に描いた特別機を就航させる。県内の観光情報を掲載した機内誌もつくる。

村井嘉浩知事は「仙台空港を核にして東北の交流人口拡大につなげる」と述べた。県によると、航空会社との連携協定は初めてという。災害時に各地から支援物資を県内に輸送するための機材やルートなども検討。スムーズな輸送体制について準備する考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。